小規模事業者が行うSMSマーケティングティップ

sms marketing small businesses

おはようございます!皆さんは朝起きて真っ先に何をしますか?コーヒーを淹れたり、顔を洗ったり、人によって様々だと思いますが、無意識のうちにこれをしていませんか?それはスマホのチェックです。現代では、ほぼ全ての人がスマートフォンを持ち、日々大いに活用しています。多くの人々がスマートフォンを手放せないほど重要なツールとして利用し、情報の入手やコミュニケーションに活かしています。

日本におけるスマートフォンの保有率は非常に高く、多くの人々がスマートフォンを所有しています。一般的な統計によれば、日本国内のスマートフォンの保有率は、成人人口の約80%以上に達しています。これは、様々な年齢層や社会階層の人々がスマートフォンを利用していることを示しています。

これまで何度かSMSマーケティングをビジネス分野ごと「不動産事業でSMSマーケティングを利用しよう」、「ホテル事業者向けSMSマーケティング」に分けて解説してきました。今回は小規模ビジネスにとってどのようなメリットがあるのかという点にフォーカスしてみたいと思います。

・SMSマーケティングとは?

SMSマーケティングとは主にテキストメッセージを使った、クライアントや可能性のあるお客さんとのやり取りを指します。郵便のダイレクトメールより迅速なコミュニケーションを提供することができ、Eメールなどの一斉送信よりもパーソナルな情報を提供することができ、顧客との関係構築や応答率を高める効果があります。

マーケティングの一例としてTransactional text campaign(取引メッセージキャンペーン)を取り上げてみましょう。これは顧客が特定の取引やアクションを行った際に自動的に送信されるテキストメッセージです。これらのメッセージは、特定の顧客の行動や取引に対応して即座に送信されるため、主に顧客の行動に基づいて生成されます。

このタイプのマーケティングではどのような場合にどんなメッセージを使用する事が考えられるでしょうか?たとえば購入確認のために、顧客がオンラインで商品を購入した場合、購入確認や注文確認のメッセージを送信することができます。このようなメッセージには注文番号や商品の詳細を含める事ができます。商品の発送が完了した時には、顧客に商品が配送される際の状況や追跡番号などが含まれるメッセージを送信できます。

ホテルやレストランの予約が確定した場合、予約確認のメッセージを送信することができます。予約の日時や場所、予約番号などの詳細を自動的に含めることができるかもしれません。ユーザーがアカウントを作成した、パスワードをリセットした、あるいはアカウントのセキュリティに関する重要な変更を行った場合、そのアクティビティに関する確認や通知がを送信できるでしょう。

・小規模事業者が行うSMSマーケティングティップ

例えばあなたがインターネットで商品を販売しているとしましょう。Eコマース(電子商取引)の利用割合は、年々増加しており、成人のうち約7割以上がオンラインでの買い物経験があり、スマートフォンやパソコンを利用して様々な商品やサービスを購入しているとされています。オンラインショッピングや電子決済の利用は、成人の大部分が少なくとも一度は経験しているとされています。大規模プラットフォームが大半を占める”レッドオーシャン”の中で小規模取引業者はどのようにSMSを有効活用できるでしょうか?

小規模事業者がSMSマーケティングを有効に活用する際、取引メッセージをSMSで行うことにはいくつかのアドバンテージがあります。まず取引ごとにカスタマイズされた取引メッセージを送ることができます。特定の取引や顧客の行動に基づいて作成し送信するなら、より個別にカスタマイズされた情報を提供できます。これにより、顧客の興味やニーズに合わせた情報を提供し、関与を促進することができます。

リアルタイム性と即時性も重要です。取引メッセージをSMSで自動送信することで、リアルタイムでの顧客とのコミュニケーションが可能です。注文確認、予約確認、配送ステータスなどの情報を顧客に即座に送信することで、スムーズな取引プロセスを提供できます。ここで覚えておきたいのがSMSの高い開封率と反応率です。SMSはEメールよりも高い開封率と反応率を持っています。Eメールならスルーされてしまうか、自動的に迷惑メールに振り分けられてしまう可能性が高いですが、SMSの開封率は9割を超えるといわれています。大抵顧客は携帯電話を常に持ち歩いており、受信したメッセージを早く確認するため、メッセージが目に留まりやすく、迅速な反応が期待できます。またSMSは通常、ほぼリアルタイムで確実に配信されるため、急な情報の伝達や緊急時の通知にも適しています。

コスト効率の高さも特筆すべき点です。SMSマーケティングは比較的低コストで実行できます。小規模事業者が限られた予算で効果的なマーケティングを行うための手段として、コスト効率が高いです。SMS送受信、一括送信などのSMS送信サービスををお探しですか? EZSMSはコミュニケーションを簡単に行える SMS送信サービス を提供しています。利用した分のみのお支払いで、月額費用も初期費用もかかりません。プログラムをインストールしたりすることなく簡単にPCからSMSを送信できます。

さらにXOXZOではリンクトラッキングを使用して送ったSMSのうち、どの受信者がURLをタップまたはクリックして、情報へアクセスしてくれたのかを知ることができます!この情報を調べることで、案内を再度送る場合にもSMS配信でクリックしてくれた方へのみ送信することができ、費用対効果が上がることが期待できます!

・覚えておきたい注意点

SMSマーケティングでは、特電法についての意識が必要です。特電法とは、特定電子メール法の略称で、電子メールを使用した営業目的のメール送信について規制されています。SMSも特電法の対象となりますので、法律に順守しつつ、SMSマーケティングをしていきましょう。

SMSマーケティングでは、特電法に則りオプトインとオプトアウトの選択を明確にすることが重要です。オプトインとは、SMSマーケティングをする前に送信先のユーザーから事前承認を受けることです。オプトアウトは、SMSが不要と思ったユーザーがショートメールの受信を停止することです。オプトインもオプトアウトも、ユーザーが自分の判断で簡単に選択できるようにしておくのが、SMSマーケティングをするときには大事なのです。

特に、オプトアウトに関して問題になるケースがありますので気を付けましょう。SMSを受信しない設定をするためのURLを明示するか、オプトアウトのためのメールアドレスを明示することが典型的な方法です。どのようにオプトアウトしたら良いかわからないような場合は、迷惑メールだと判断されてしまい、大きなトラブルになる可能性があります。

プライバシーやスパムの問題に注意しつつ、顧客の許可を得た上でSMSマーケティングを行うことが重要です。

・SMSマーケティングについてさらに知る

SMSマーケティングの分野では「旅行業界でSMSマーケティングを活用するEコマースにおけるSMSマーケティング教育現場でのSMSマーケティングの活用」等の記事からSMSの利点を活用して、ユーザーにいろいろな視点からアプローチすることができる有用な方法をご紹介しています。SMS送信サービスの活用によって、コストパフォーマンスの高いマーケティングが可能になっています。

2023年ももうすぐ終わりますが、ブログ記事を楽しんでもらえたでしょうか?皆様のお役に少しでも立てれば幸いです!では来年までさようなら!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です