国際ローミングについて学ぼう!有効な選び方はある?

EZSMS 国際ローミング

国際ローミングについて学ぼう!有効な選び方はある?

コロナも収束し、海外旅行に行く人もだいぶん増えてきましたね!旅行で海外に行くにしてもビジネスで行くにしても、メッセージを送ったり、地図を見たりとスマホが欠かせませんよね。海外で携帯電話を使うのはもはや一般的になりました。その方法にはいくつかのオプションがあります。一般的な方法をいくつか見てみましょう。

現地でSIMカードを購入する方法

到着した国で現地のSIMカードを購入し、その国の通信事業者のサービスを利用する方法です。自分の携帯電話に新しいSIMカードを挿入することで、現地の通信ネットワークを利用できます。ただし、SIMロックがかかっている場合は、自分の携帯電話をそのまま使えないことがありますし、現地の言葉が分からないならちょっとハードルが高いかもしれません。またSIMカードの交換の仕方が分からないと、カードを購入したけど使えない!なんてことにもなりかねません。

グローバルSIMカードを使う方法

渡航前に国内であらかじめグローバルSIMカードを購入することもできます。これらのSIMカードは大抵複数の国で使用でき、あらかじめ設定された料金プランに入る必要があります。またデータ専用SIMか通話可能なSIMかなどを選択でき、必要な分だけ賢く選択するなら費用を抑えることができます。自分の国にいる間に準備ができるため、現地での購入よりハードルは低いですが、SIMカード交換の知識が必要になります。

国際ローミングを使用する

使用している携帯電話会社が海外でのサービスを提供している場合、国際ローミングを有効にして、その国で使えるようになります。サービス提供会社によっては現在のプランをそのまま利用できたり、アプリからワンクリックで国際ローミングをONにできたりと、使い勝手が良いのが特徴です。SIMカードを差し替える手間もありません。

今日はちょっとこの国際ローミングについて深堀してみたいと思います!

国際ローミングとは

国際ローミングとは海外ローミングともいわれ、携帯電話の利用者が自国の通信事業者のネットワーク範囲外である海外で提携先のネットワークを利用する仕組みです。これにより、利用者は自分の携帯電話番号やサービスをそのまま使用することができます。そのため国際ローミングを利用するためには、通信事業者同士が相互に提携を結んでいる必要があります。

例えば、あなたの国の携帯電話会社が他の国の通信事業者と提携していれば、あなたがその国に行っても、提携先の通信事業者のネットワークを利用できます。あなたが国際ローミングを利用できる携帯電話(D社と契約中)をもって韓国に行ったとしましょう。そこであなたがその電話の電源を入れると、そのデバイスは接続可能な電波を探し始めます。あなたの携帯電話D社は韓国のK通信会社と提携しているため、K社の電波とつながります。

国際ローミングとは

そのあと訪問先のローミング協定のある通信会社(K社)が国際トランジットネットワークに接続し、携帯が国際使用を許可されているか、盗難されたものでないか等の情報をホームネットワークに要求し、許可されていることを確認したのちに使用可能になります。

このような順序で自国と、訪れた国との通信会社が繋がることで通信が可能になります。国際ローミングを有効にすると、自国で契約している料金プランに基づいて、通話、メッセージング、データ通信を海外でも利用できます。ただし、国際ローミングは通常、高額な追加料金が発生することがあります。海外での通信利用に関する料金は、通信事業者によって異なりますので、事前にローミング料金やサービス利用料金を確認することが重要です。

また、国際ローミングを利用する際には、通信速度やカバレッジ(電波の届く範囲)なども考慮する必要があります。特にデータ通信を利用する場合は、通信速度が制限されることがあります。

国際ローミングのプランにはどんなタイプがある?

国際ローミング用のプランは、通信事業者によって異なりますが一般的に以下のような種類があります。

通話専用プラン: 海外での利用が通話に限定されたプランです。データ通信は含まれていない場合もありますが、通話をよりリーズナブルに提供するプランです。

地域別プラン: 特定の地域や国に特化したプランで、その地域での通話やデータ通信が割引されるプランです。例えば、ヨーロッパ全域やアジア地域など、特定の地域をカバーするプランがあります。このようなプランでは、その地域での通信にお得な料金が適用されることがあります。

データプラン: 海外でのデータ通信に特化したプランで、一定のデータ通信量を提供するものや、特定の速度での無制限プランなどがあります。ただし、無制限とされていても通信量によっては速度制限がかかることがありますので、注意が必要です。また一定の料金で、特定の期間(1日、1週間、1ヶ月など)に制限された通話時間やデータ通信量を提供するプランがあります。例えば、海外での利用期間中に一定の通話時間やデータ量を利用できるプランなど、こういったタイプのプランでは、利用者が使いたいサービスに応じて選択できる場合があります。

最近は通話でデバイスを使用するよりも、データ送受信で使用する方が多いという人が増えてきています。動画を視聴したりするとData量が多くなり、料金が増えてしまうことが考えられます。そこでデータ送受信がどれほどのデータ量を消費するのか一覧にしてみました。

最近は”ギガ数”でデータ消費量は料金を計算するプランが多くなってきましたね。1GB〜5GBのプランだと、軽量なデータ使用者やメールやソーシャルメディアの閲覧など基本的なオンライン活動を行うユーザー向け、5GB〜10GBのプランだとより多くのデータ通信が必要なユーザー向け、動画のストリーミングや音楽のストリーミング、写真や動画のアップロードなどを行うユーザー向けといった感じです。自分の使うデータ量を把握して、ベストなプランを選択するなら料金を適正な価格に納めるのに役立つでしょう。

Ezsmsブログおすすめ!

Ezsmsブログではたくさんの面白トピックやお役立ち記事を取り上げています!「携帯電話とSMS(ショートメッセージ)の歴史(前編)携帯電話とショートメッセージの歴史(後編)」では、携帯電話の進化とそれに伴うテキストメッセージの変化を世界の観点から、「

日本でのテキストメッセージ進化」では日本独特のメッセージングの歴史や文化がお目見えします。

SMSマーケティングの分野では「旅行業界でSMSマーケティングを活用するEコマースにおけるSMSマーケティング教育現場でのSMSマーケティングの活用」等の記事からSMSの利点を活用して、ユーザーにいろいろな視点からアプローチすることができる有用な方法をご紹介しています。SMS送信サービスの活用によって、コストパフォーマンスの高いマーケティングが可能になっています。

 2011年からSMSマーケティングを開始したEZSMSは様々な用途に活用することができます!プログラムをインストールしたりすることなく簡単にPCからSMSを送信でき、顧客ごとにカスタマイズされたメッセージを送信できます。また、利用した分のみのお支払いで月額費用も初期費用もかかりません!ぜひご利用をご検討ください!

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です