携帯電話とSMS(ショートメッセージ)の歴史(前編)


携帯電話とSMSの歴史は、通信技術の進化と日常生活の変革を紡いできました。あらゆる通信手段の中でテキストメッセージは最もポピュラーな手段となっているといっても過言ではないでしょう。SMSの使い方はしばらくお休みして、携帯電話とSMSがどのようにして我々の日常に欠かせない存在となったのかをたどり、初期から現代に至るまでの歴史を簡単にタイムスリップしてみませんか?携帯電話の誕生から、ショートメッセージがコミュニケーション手段としていかに発展してきたか、その興味深い過程を探求します。

・ショートメッセージとは

SMS とは ショートメッセージサービス(short message service)の略で、携帯電話やスマートフォンから電話番号を利用して相手に文字メッセージを送るサービスのことです。電話番号でメール (テキスト)が送ることができ、国際規格なので基本的に世界中の携帯端末同士で送受信でき、比較的安価なため大変便利なサービスです。LINEやFacebookなど新しいメッセージングツールが増えていますが、SMSはガラケーからスマートフォンから簡単に送信できます。また、Eメールと違い、埋もれにくく高い閲覧率を誇ります。緊急連絡にも対応可能で、受信者が異なるメッセージアプリを使っていても、携帯電話番号さえ分かれば通知できます。支払い督促などでも効果的で、見てもらえる確率が高いため、ビジネスシーンでも役立っています。

・携帯電話の始まり

無線や無線電話は第二次世界大戦前からあるものですが、世界で最初に一般向け携帯電話が発売されたのは1983年、モータラ社の DynaTAC 8000X と呼ばれる初の携帯電話を発売したようです。これに先駆けて1973年にニューヨークで初めて公にデモンストレーションされました。アメリカの電気エンジニアのマーティン・クーパーは1973年4月3日、ニューヨーク市でこの携帯電話を使用して、競合他社ベル研究所のジョエル・エンジェルに対して初の携帯電話通話を行ったことで有名です。

マーティン・クーパー(Martin Cooper)は、アメリカの電気エンジニアであり、携帯電話技術の先駆者として知られています。彼は1928年にイリノイ州シカゴで生まれ、モータラで長いキャリアを持ち、同社で無線通信技術の研究と開発に従事しました。

モータラ社の DynaTAC 8000X

この初期の”携帯電話”は非常に大きく重かったため、現代のスマートフォンとは比べ物になりませんが、これが携帯電話技術の先駆けであり、現代のモバイル通信の基盤となりました。その後、携帯電話技術は急速に発展し、よりコンパクトで使いやすい機器が登場しました。マーティン・クーパーの業績により、携帯電話の概念は誕生し、その後の数十年で急速に発展しました。彼の貢献によって、人々は移動中に通信できるようになり、モバイル通信産業が成長しました。クーパーは現代のモバイルテクノロジーにおける先駆者として、その名前を刻んでいます。

・初ショートメッセージの内容は?

携帯電話でSMS(ショートメッセージサービス)が送信できるようになったのは、1990年代初頭です。SMSは、ヨーロッパの携帯電話キャリアが独自に開発したテキストメッセージングのサービスで、最初にイギリスのVodafoneとオランダのGSM(Global System for Mobile Communications)ネットワークで提供されました。

ショートメッセージサービス(SMS)のシステムを開発したのは、英国のエンジニアであるNeil Papworth(ニール・パプワース)です。ニール・パプワースは、1971年に生まれ、1992年12月3日に世界で初めてSMSメッセージを送信しました。このメッセージは、彼が働いていたテクストメッセージングシステムのクライアントであるVodafoneのエンジニアから、Vodafoneのクライアントであるオランダの携帯電話ユーザーに向けて送信されたもので、そのメッセージは「Merry Christmas(メリークリスマス)」でした。なんか、「テスト送信」とかじゃないところがおしゃれですよね!

初期のSMSは、テキストメッセージの送受信に限られ、メッセージの長さも制限されていました。しかし、その簡便さとコスト効率の良さから、SMSは急速に広まり、世界中の携帯電話ユーザーに受け入れられました。その後、技術の進化により、SMSはさまざまな機能やエンターテイメント要素を組み込むことができるようになり、モバイルコミュニケーションの一部として不可欠な存在となりました。

ニール・パプワースが送信したこの最初のSMSメッセージは、SMS技術の発展と普及のきっかけとなり、モバイルコミュニケーションの革命を牽引しました。彼はSMSのパイオニアとしてその功績が認められ、SMSの歴史において重要な役割を果たしました。

携帯電話とSMSヒストリーは興味深いですね。今では当たり前のこういった技術やサービスにも沢山の人の努力が積み重なっていますよね。次回はSMSのさらなる進歩について見ていきたいと思います。2000年以降メッセージはどんな風に変化していったのか、後半もお楽しみに!

SMSを使ったマーケティングについてもっと知りたいですか?SMSマーケティングは、他の広告形態よりも安価です。SMSの送信あたりの平均コストは約10円で、今人気のあるGoogle検索のクリックあたりのコストは約150円ほどです。業種別のSMSマーケティングについては「不動産事業でSMSマーケティングを利用しよう」や、「ホテル事業者向けSMSマーケティング」などの過去記事を御覧ください。また「2023年のSMSマーケティングトレンド」などもご覧になって、他のトレンドも学習しておきましょう!

・SMS送信サービスおすすめ!

SMS送受信、一括送信などのSMS送信サービスををお探しですか? EZSMSはコミュニケーションを簡単に行える SMS送信サービス を提供しています。

・利用した分のみのお支払い、月額費用も初期費用もかかりません。

・プログラムをインストールしたりすることなく簡単にPCからSMSを送信できます。

・顧客ごとにカスタマイズされたメッセージを送信できます。

登録は無料で、即時にご利用のウェブブラウザーから、SMS(ショートメール)の配信機能をご利用いただいたり、ダイヤル・イン・ナンバーをご利用いただくことができます。 – 170カ国以上への送信も対応しています。 – 複数の宛先への一斉送信や、メッセージをカスタマイズして大量配信可能なCSVファイルを使った配信にも対応しています。 – いつでも、どこでもSMS送信が可能です。 すべてオンラインで完結できます – ダイヤルSMSでビジネスもイベントも大成功に導きましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です