英数字の送信者IDのメリット、デメリットとは?

SMS sender ID

近年、SMSマーケティングは非常に多くの注目を集めています。多くのビジネスシーンやマーケティングにおいて強力なツールであることが証明されてきているからです。効率的で費用対効果が高いこと、そして開封率もEメールや他のツールに比べて高く、過去数年間でSMSの人気はとても高まってきているのです。その結果、多くの企業がSMSを使い始めてきており、実際にマーケティングの結果も著しく伸びています。SMSマーケティングは通常電話番号を使用してターゲットのお客様と情報を共有するものですが、英数字を使った配信元IDを使用してお客様にアプローチする方法もあります。このブログでは、配信元IDをつかったSMSの仕組みやメリット、デメリットを説明していきます。これらの基本的な情報を理解することで、より正しくこのツールを使用することができ、また、賢くSMSマーケティング戦略の決定を行うことができます。SMSマーケティング自体に関しては「2023年 SMSマーケティングを成功させるための7つのポイント」の記事にポイントがまとめられていますので、是非参考にしてみてください。

英数字の送信者 IDとは?

英数字の配信元IDは、SMSマーケティングを通じて企業がお客様とコミュニケーションをとる方法に革命をもたらした革新的な機能です。送信者 ID は、SMS メッセージの送信者を識別するための英字名です。先ほど触れましたが、送信者 ID を使用して SMS メッセージを送信することが可能なのです。送信者 ID 認証がサポートされている地域に受信者がいる場合は、送信者の電話番号ではなく、送信者 ID が受信者の画面に表示されます。

また配信元IDはカスタマイズすることも可能です。カスタム配信元IDは、その名の通りですが、数字とテキストを使って自社のブランドに合わせてカスタマイズできるユニークな送信者名のことを指します。カスタマイズされた配信元IDを作成することで、多くの受信者は受信したメッセージが特定の会社からのものであることをすぐに理解することができます。この特徴により、企業とお客様との間に、よりパーソナライズされたつながりが生まれ、企業のブランド・アイデンティティを確立することができます。

配信元IDについて知っておくべきこと

送信者 ID を使用したSMSは、電話番号、ロングコード、ショートコードを使用したSMSよりも、送信者に関する詳細な情報を SMS の受信者に示すことができます。また、送信者 ID は世界の様々の国や地域でサポートされていますが、一部の地域ではなりすまし防止の観点から原則としてキャリアにより規制対象になることがあります。企業として個別のお客様に SMS メッセージを送信する場合は、法律に則り前もって自治体や規制当局または業界団体に登録されている送信者 ID を使用する必要があることは覚えておきましょう。通常送信者 ID の使用には追加料金はかかりません。しかしながら、送信者 ID 認証のサポートや要件は異なることが多くあります。お使いのサービスプロバイダーときちんと確認しておくことが良いでしょう。

英数字を用いたIDを利用するメリット

英数字の配信元IDを使用する最大のメリットは、 英数字の配信元IDを使用することにより、SMSに送信者が表示されることから、受信したすべてのお客様がすぐに送信者を認識することができ、またブランドの強化につながります。また、多くの国で、望ましくないメッセージを減少させるために規制がかかってきており、不正なSMS使用に対するフィルタリングが強化されています。その点、配信元IDを作成し、法律に則って運営していくとフィルタリングにかかってしまうことを避けることができます。

関連した点ですが、近年スパムメールや詐欺メッセージが増加してきており、開封率が減少する可能性があります。その点、送信者が送信者を確認しやすい配信元IDの特徴は、メッセージを開いてもらえるかどうかを決める重要な要素となるのです。現実的に海外の番号や不明な番号からのメッセージを開いてもらえる可能性はほとんどありません。英数字の配信元IDを使用したメッセージであれば、送信者をすぐに確認できますので、SMSが正当なものであることが分かります。そのため、メッセージの開封率が最大80%高まることが確認されています。

また、セキュリティの面でも英数字の配信元IDにはメリットがあります。配信元IDを使用する際は、二要素認証(2FA)を利用することができますので、運用の場でも重宝されています。その結果、カスタム配信元IDを追加することで、信頼性を高め、サービス利用時の安心感を上げることができるのです。銀行や機密データを扱う企業にとっては、この機能は非常に重要です。そして、カスタム配信元IDは、カスタマーサービスの連絡に緊急性と即時性を持たせるのに大いに役立つのです。

一例として、配送業者がカスタム配信元IDを使用して配送通知を送信すると、お客様がすぐにそのメッセージに気づくことができるので、受け取りの準備をする可能性が高くなります。また、キャンペーンを作成する際、カスタム配信元IDを使用すると、受信者はSMSの連絡がプロモーションなのか、一般的なお知らせなのかを判断することができるため便利です。

結論として、英数字の配信元IDは、企業がお客様とよりパーソナライズされたつながりを作るために使用できる強力なツールです。カスタム配信元IDを使用することで、受信者は受信したメッセージが特定のビジネスからのものであることをすぐに認識でき、キャンペーンにブランド体験を生み出します。この機能を賢く使って11文字を最大限に活用することが不可欠であり、英数字の配信元IDにまつわる制限や注意点についても知っておくことが重要です。

EZSMSを利用すれば、配信元IDをご自身で設定することができます。配信元IDについてはこちらから詳しく知ることができます。さらに、EZSMSを利用することによってSMSメッセージをお使いのパソコンからブラウザベースで送ることができます。初期費用が必要なく、利用分の支払いで済み、インストールするファイルもなく、ブラウザ上でSMSを一斉送信できます。SMS送信サービスの活用によって、コストパフォーマンスの高いマーケティングが可能になります。いろいろなサービスがありますので是非ご利用をご検討ください!

デメリット

送信者 ID 認証のサポートや要件は、国や地域によって異なることがあります。主要なマーケット、例えば、 カナダ、中国、米国の中には、送信者 ID がサポートされていないエリアもありますので、注意が必要です。そして先ほども説明しましたが、一部のエリアでは、送信者 ID を使用する前に、自治体や規制機関の承認を取得する必要がありますので、確認をしっかりすることが必要です。

まとめ

配信元IDに関する本日の記事はいかがでしたか。配信元IDの特徴、メリット、デメリットそして気を付けるべき点などをチェックできたでしょうか。SMSを使用したマーケティングはお客様満足度に大きく影響します。また、カスタマイズされた配信元IDのように、受信者それぞれが関心を持つようなパーソナライゼーションを行うことがとても重要です。そして季節やタイミングに合わせたキャンペーンやセールを行うと良い結果につながりやすいことも覚えておきましょう。SMSを利用したリマインダーも大切です。SMSマーケティングは多くの業界で使用することができます。
SMSに関するちょっとした疑問やトラブル解決には「SMSメッセージが届かないのはなぜなの?原因を調べましょう!」や、「SMS」と「MMS」はどう違う?料金、使い方、サービスなどを紹介します」などの記事をごらんください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です