2023年SMSマーケティングで知っておくべき重要な統計情報


2023年SMSマーケティングで知っておくべき重要な統計情報

SMSマーケティングはビジネスシーンで顧客にアプローチするための強力なツールであること、また効率的で費用対効果が高く、過去数年間で人気が高まっていることはもう皆さんも知っておられることでしょう。このブログではSMSマーケティングの統計情報をいくつかご紹介し、マーケティング戦略を改善するのに役立つ方法について説明します。これらの統計情報を理解することでより情報に基づいたSMSマーケティング戦略の決定を行い、投資利益を最大化することができます。「2023年 SMSマーケティングを成功させるための7つのポイント」に重要な要素がまとめられています。

アメリカのSMSマーケティング統計

ビジネスシーンの先端はやはり米国にあると言っても不思議ではないでしょう。SMSマーケティングは、米国で大きな人気を博し、市場規模は6.2%に達し、2023年には317億ドルの評価額に達する見込みです。世界的には、ビジネスは2025年までにSMSメッセージングに500億ドルを費やすと予想されています。そこでアメリカのSMSマーケティング統計を見ていきましょう。(出典ソースはこちら

米国の消費者の1日あたりのスクリーンタイムは、2019年から2021年の間に50%増加し、78%の消費者が、メッセージ送信が最も一般的なスマートフォンのアクティビティであると述べています。また90%の利用者が電話よりもテキストメッセージを好むと述べています。

また、過去1年間に少なくとも1つのビジネスに登録してテキストメッセージを受け取ることに同意した消費者は62%に上ります。その結果、ほぼ半数の顧客(48%)はテキストメッセージで特別オファーを受け取ることを好む傾向があり、他のマーケティングチャネル(Eメールによるマーケティング(4%)やFacebook(1%)など)と比較しても高い人気があります。

SMSマーケティングは、他の広告形態よりも安価です。SMSの送信あたりの平均コストは約10円で、今人気のあるGoogle検索のクリックあたりのコストは約150円ほどです。

不動産業界は、SMSマーケティングの最大の利用者であり、その割合は17.9%です。業種別のSMSマーケティングについては「不動産事業でSMSマーケティングを利用しよう」や、「ホテル事業者向けSMSマーケティング」などの過去記事を御覧ください。

クリックスルー率とオプトイン率

クリックスルー率は、特定のリンクをクリックしたユーザーの数を、そのリンクをクリックしたメールの総数で割った値です。つまり、メール受信者がメール内のリンクをクリックする割合を表します。一方、オプトイン率は、特定のマーケティングキャンペーンに参加するために登録または同意したユーザーの数を、そのキャンペーンにアクセスした総数で割った値です。つまり、ユーザーがメールリストに登録したり、SMSキャンペーンに参加したりする割合を表します。クリックスルー率は、メールの効果を測定するために使用される指標であり、オプトイン率は、ユーザーの関心や参加意欲を測定するために使用される指標です。両方とも重要な指標ですが、異なる観点から情報を提供します。

テキストメッセージキャンペーンのオプトイン率は、2020年から2021年にかけて9.6%増加し、ユーザーの53%がオプトイン率の増加を報告しています。ビジネスオーナーやマーケターの43%が、20〜35%のクリックスルー率を報告しています。

SMSマーケティングの利点

SMSの特徴として携帯電話番号だけで送信できるという点があります。ショートメールは携帯電話番号さえわかれば送信できるのが特徴の一つです。SMSによる情報配信についての許諾を受けた上で、リストを作成すれば気軽に多くのユーザーに情報を発信することができます。携帯電話番号は変更されることがあまりありません。最近は、一人一つの携帯電話番号を持っていますので、メッセージの到達率は高いことが期待できます。ほとんどのテキストメッセージは配信されてから3分以内に開封され、返信されます。すべてのテキストメッセージの98%が開封されます。さらに、9人中8人の消費者がビジネスとのコミュニケーションにテキストメッセージを好むと回答しています。

近年ではモバイルデバイスがオンラインショッピングの主要手段であり、過去1年間に66.5%の消費者がより多くのブランドからテキストメッセージを受け取るためにサインアップしており、マーケティング担当者の成功に貢献しています。小売業者は、SMSキャンペーンを開始してから、所有チャネルの総収益が30-60%増加したことがあります。またプロモーションのテキストメッセージは、平均的なクリック率が36%であり、メールマーケティングの平均的なクリック率である4.5%よりも8倍も高くなっています。

圧倒的多数の消費者(73%)が、ブランドからテキストメッセージを受け取って購入を行ったことがあり、そのうちの半数以上がこれを2〜3回行ったことがあると報告しています。さらに24%の人はテキストメッセージを受け取った後に予定していなかった購入を行い、60%は予定よりも早く購入を行いました。「2023年のSMSマーケティングトレンド」もご覧になり、その他のトレンドも学習しておきましょう。

効果的なSMSマーケティング

タイミングはSMSマーケティングにとって重要な要素であり、いくつかのSMSマーケティングの統計情報を活用することで、顧客にテキストメッセージをどのくらい頻繁に送信するべきかを決定することができます。

ある調査では96%の人が、週に1回はテキストメッセージを受け取ることに同意すると回答しました。ほとんどのショッパーは、ブランドから週に1回または数回の連絡を望んでいます。一方、13%の消費者は、ブランドから1日1回SMSを受け取りたいと考えています。

最も望ましいSMSメッセージのタイプは、確認メッセージです。SMSのサブスクライバーが最も好むのは、配信確認(64%)となっていることからも分かります。また出荷確認(60%)と注文確認(50%)も高いスコアを獲得しました。

クーポンやプロモーションコードも、30〜50%が受け取りたいと歓迎されています。39%の消費者が誕生日の特典を受け取りたいと考えており、31%が今後のプロモーション、セール、割引のアナウンスを受け取りたいと考えています。

SMSマーケティングにおいては、付加価値のある内容を可能な限り短いメッセージで送るのが重要です。SMSはさっと見て内容をチェックし、不要な情報は削除してしまい、有用な情報だと感じた場合にのみ詳細を見るというユーザーが多くなっています。あまりにも長いSMSを送っても、最初の数十文字しか読んでもらえません。長すぎると迷惑メールだと思われてしまい、すぐに受信拒否されることもあるので気を付けましょう。

SMSマーケティングのやらないほうがいいこと

SMSマーケティングでは、顧客の不満を引き起こす可能性がある手段を避けることが重要です。

顧客にとって最も嫌なことの一つは、過剰なメッセージを受け取ることであり、この理由で購読解除すると回答した調査対象者は73%でした。さらに、69%の顧客は同じメッセージを繰り返し受け取ることを嫌い、62%は明確な目的のないメッセージが嫌いだと答えています。頻繁にメッセージを送信することは、関連性のないコンテンツや最初にオプトインしていないなどの他の購読解除の理由と比較して、顧客の減少の主要な要因です。

これを避けるために、ビジネスは定期的なスケジュールで月2〜6回のメッセージを送信することを目指し、不適切な時間帯にメッセージを送信しないようにする必要があります。メッセージは短く、顧客が興味を持つ内容に焦点を当て、受信者の現地時間帯の9時から20時の間に送信する必要があります。

SMSの有効なマーケティングについては「SMSマーケティングとメリット・デメリットを解説」に更に詳しく述べられていますのでチェックしてみてください。

まとめ

本日の記事はいかがでしたか。SMSマーケティングの統計情報から色々なことがわかりますね。メッセージ送信頻度は顧客満足度に大きく影響します。また内容は受信者それぞれが関心を持つようなパーソナライゼーションを行うことがお勧めです。季節やタイミングに合わせたキャンペーンやセールを行うと良い結果につながりやすいことも覚えておきましょう。アクションを促すリマインダーも大切です。SMSマーケティングは旅行業や、飲食業や不動産業界、さらには教育業界でも活用できます。どのようにSMSを使用できるかについては、下記記事にまとめられていますので、ぜひ参考にしてみてください。

飲食店・レストラン用SMSマーケティング

不動産事業でSMSマーケティングを利用しよう

教育現場でのSMSマーケティングの活用当社 EZSMSは「2023年SMS送信サービスおすすめ」のおすすめとして紹介されています!SMS送信サービスの活用によって、コストパフォーマンスの高いマーケティングが可能になります。いろいろなサービスがありますので是非ご利用をご検討ください!利用分のみのお支払いですし、初期費用も必要ではありません。インストールするファイルもなく、ブラウザ上でSMSを一斉送信できます。また、顧客ごとのメッセージのカスタマイズも可能ですし、CSVファイルを使った配信にも対応しています。 すべてオンラインで完結できる素晴らしいサービスです。ぜひチェックしてみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です